ピン打ち込み式アンカーボルトの施工手順と使用例 ピン打ち込み式アンカーボルトの施工についてご紹介します
 弘祥精工株式会社 TOPページ > ピン打ち込み式アンカーボルト
 
ピン打ち込み式アンカーボルト
弊社で取り扱っているピン打ち込み式アンカーボルトについてご紹介します。
ピン打ち込み式アンカーボルト 特徴
アンカーボルト本体の中に挿入された芯棒を打ち込むことにより、スリ割り分がある本体先端部が拡張し、穴壁に食い込み固着する製品です。芯棒を打ち込むことにより、十分な固着強度を得ることができ、施工管理が容易です。
用途
器材の取付けなどに広く使われています。
素材
電気メッキ、溶融亜鉛メッキ、ステンレス品の3種類があります。
ねじ呼び 外径 全長 ドリル
呼び径
mm mm mm
M6 6 45 6.4
60
M8 8 50 8.5
70
M10 10 50 10.5
60
80
90
100
120
M12 12 60 12.7
70
90
100
120
150
M16 16 100 17
120
150
190
M20 20 130 21.5
150
190
ピン打ち込み式アンカーボルトの施工手順、使用例はこちら
アンカーボルトをはじめ、各種ボルト・ナット類の標準品を取り扱っております。また、機械部品の切削加工も承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。
弊社についてはこちらをご覧下さい。
弘祥精工とは
ページトップへ
その他の取扱い製品
スリーブ打ち込み式アンカーボルト    ケミカルアンカー    パーツ・機械部品・標準品
ご利用ガイド
よくあるご質問や納品までの流れはこちらからご覧下さい。
スタッフ紹介    よくあるご質問    お問い合わせから納品までの流れ